診療科・部門案内 INTRODUCTION

新患受付 8:30〜11:30 再来受付 8:00〜11:30 休診 土/日/祝/年末年始

交通アクセス

リハビリテーション部

リハビリテーション部の特長

リハビリテーション部の特長
リハビリテーションの様子

当院リハビリテーション部では、主に入院患者を対象に、医師の指示の下、多職種と連携して運動療法を中心に、発症、手術後早期より体操指導を行い、早期家庭復帰、早期社会復帰を目標にリハビリテーションを提供しております。
対象疾患は、整形外科を中心とした運動器疾患、脳血管疾患、呼吸器疾患と様々な疾患の方々を対象に実施しており、その中でも特に脊椎(背骨)手術後のリハビリテーションに力を入れております。
脊椎手術予定者に関しては、小児から高齢者に渡り、手術前に筋力や柔軟性等の運動機能を評価し、術後の治療内容を計画します。更に、術後早期よりベッドサイドでのリハビリテーションを行っていきます。その後、医師の指示に基づき、筋力強化運動やストレッチ、歩行練習を行い、症状の再燃等予防にも努めております。
また、脳血管疾患や呼吸器疾患に対してもリハビリテーションを行っており、運動麻痺や体力低下により、活動度が低下している方にも、自分で出来ることが増え、少しでも介助者の負担を軽減出来るように日常生活動作の練習を行っております。

主な業務

主な業務

脊椎疾患で手術される方に対して、術前機能評価、術後早期からの運動療法、退院時のホームエクササイズ指導を行い、更に医師の指示により、定期的に術後検診を実施し、問題点をピックアップして体操指導を行います。
また、脳血管疾患等、座ることも困難な方に対しては、手足がかたくならないように、関節を動かす運動から始め、少しずつ寝返り、座る、立つ、歩くと自分で出来る事を拡大していけるように能力向上を図ります。
その他、入院中、様々な理由により日常生活を送ることが困難になった方に対しては、早期自宅復帰、早期社会復帰を目標に動作能力の改善を目指します。
外来では腰椎ドック受診者に対して、腹筋背筋の体幹筋力を測定したり、下肢の筋力や柔軟性を評価したりすることで、その人個人に必要であると思われる、腰痛軽減目的の体操指導を行います。

お問い合わせ・ご相談はこちらから 052-201-5311