令和元年8月27日~29日にかけて、元気いっぱいの高校生が3名来てくれました。
これは、名古屋市立西陵高等学校が「企業における就業体験を通して、働くことの喜びと厳しさ、さらに職業人としての心構えを学習させる」という趣旨のもと実施しているものです。
3名は実際の看護を体験し「看護職の大変さを知るとともにやりがいを感じ、看護師になりたい気持ちが強くなった」そうです。
これからも夢を持つ高校生を応援しています!

体験の様子