本文へ移動

専修医 研修プログラム/国内留学制度

専門修練医 研修プログラム概要

2年間の初期臨床研修を修了した者が、プライマリケアの知識・技能・態度を継続して習得することと、希望専攻科での専門性を高めるための臨床研修を行い、地域と社会の要請に応え得る医師を育成する。

募集

当院で2年間の初期研修を修了する見込みのもの、および他施設で2年間の初期研修を修了する見込みのものを公募する。
募集診療科は消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、小児科、外科、婦人科、脳神経外科、心臓血管外科、放射線診断科で、その年度に科あたり1名までの後期研修指導体制のとれる科とし、これを前年のホームページ上で公開する。
9月~11月の間に募集し、書類審査と採用面接ののち採否を決定する。

期間

原則として3年間(放射線診断科は当院で1年間その後大学等)とする。

後期研修修了後進路

(1)大学医局入局者
後期研修修了時点で大学院進学や医局の斡旋による他施設への転勤などとなる。進路決定まで暫定的に当院で専門医修練医に準じて修練を継続する場合もある。

(2)大学医局非入局者
原則として後期研修修了後の採用は無い。他施設への就職を相談することとなる。 ただし、当院診療科の医師必要性にもとづき当該科部長からの要請がある場合については、修練達成度の高いものについては個別に採用することがある。

国内留学制度

共済組合連合会の連合会留学制度があり、受入病院への留学が可能である。

各科カリキュラム

1.内科系(消化器内科、呼吸器内科、腎・糖尿病内科、循環器内科)
2.小児科
3.外科系(麻酔科、外科、心臓血管外科、脳神経外科)
4.婦人科
5.放射線診断科
6.整形外科、泌尿器科、眼科、皮膚科等

国内留学制度

国内留学制度の概要

本院の組織基盤である国家公務員共済組合連合会は、全国に数多くの研修病院を有するが、そのうち後期研修プログラムとして適合する以下の病院への国内留学が可能である。
各病院各診療科のプログラム内容及び指導医等については連合会及び各病院のホームページを参照のこと。
なお、国内留学の希望は採用後6ヶ月を経た1年次後半、2年次、3年次に可能であり、あらかじめ希望を研修管理委員会に提出の上、協議される。
その後、連合会マッチング委員会に付託され、受け入れ病院の合意を得て決定される。
後述の如く、当院も他病院からの留学研修医を受け入れる。
研修マッチングは研修開始の2ヶ月前までに決定される。
  1. 連合会留学制度に基づく受け入れ病院
    斗南病院、幌南病院、東北共済病院、水府病院、虎の門病院、二宿病院、名城病院、東海病院、京阪奈病院、大手前病院、六甲病院、高松病院、広島記念病院、新小倉病院、浜の町病院、新別府病院、東京共済病院、横須賀共済病院、横須賀北部共済病院、横浜栄共済病院、舞鶴共済病院、呉共済病院、佐世保共済病院

  2. 連合会病院留学制度の骨子
    A)初期臨床研修に上乗せして専門制を重視した幅広い臨床能力を養うことを目的とし専門科研修の前段階研修と位置付ける。
    B)研修医は各病院の募集要項に示されたプログラムに限り研修を受ける。
    C)留学制度での研修は1年次後半、2年次、3年次のいずれかとし、1単位3ヶ月、2年6ヶ月の中で合計6ヶ月を限度とする。なお、同一病院、同一診療科での重複が可能であり、それらは募集要項に明示される。
    D)応募病院については、第1~第3希望まで提出可能である。なお、研修医の重複などで研修効率が低下しないようどの期間に研修するかは両病院の後期臨床研修委員会で相互に調整する。
    E)不採用となった場合は、当該年度は自院で研修する。
    F)留学についての奨学資金は、住居費、学会参加費等を含め、月額として1年次50万円、2年次55万円、3年次60万円とする。なお、身分は依頼病院に属し出向扱いとなるので、保険等が使用可能である。

研修医・専門修練医募集のご案内

当院への就職を希望される方はもちろん、当院に興味をお持ちの方は病院見学会へお越しください。
TOPへ戻る