本文へ移動

病院からのメッセージ

名城病院は昭和37年の創立から60周年を迎えます。
平成16年の現在の臨床研修制度が行われる以前より名古屋大学の関連病院として、名古屋大学卒後研修システム(卒後市中病院でローテート研修を行う制度)を行ってきており、当院でも昭和45年頃から毎年数名の研修医を受け入れてきました。初期ローテート研修については多くの実績と長年培ってきたノウハウの蓄積があります。

当院での研修システムは医師臨床研修指導ガイドラインに則したローテートを基本とし各科1人ずつで、指導医とマンツーマン体制で細部に目が行き届く体制をとっています。初めから指導医とともに患者に接し、診察から検査、診断、治療と積極的に関わっていきます。
2年次は、院内研修以外に院外施設での地域医療や産科、精神科、3次救急医療研修に加えて、選択研修も設けて研修医自身が希望する科で研修を行えるようになっています。
当直は月5-6回で、1回あたり救急車を含めても10-20名程度の患者さんを指導医と共に対応します。1例1例をしっかり診察し、入院した場合はその後の経過も診ることができ診療初期から濃厚に接することが可能です。救急外来カンファレンスを毎週行っており、自らが経験した教訓的な症例をプレゼンテーションし他の研修医と指導医で検討することによって、正しい診断、治療ができたのかを一例一例掘り下げて共有することができます。その他ローテート科でのカンファレンスや勉強会に参加し、上級医から指導を受けながら学会発表の機会も設けています。

研修医の出身大学は様々ですが、研修医室は和気あいあいの雰囲気で、上級医との距離も近いのが自慢です。研修後の進路は当院の専修医としてさらに専門研修を行うのはもちろんですが、希望する診療科と相談し大学医局や他病院に進むケースもみられます。

定期開催される研修指導委員会には研修医や看護師の代表も参加し、研修状況の確認と研修環境の改善を図ります。有意義な研修生活が送れるように全面的にサポートしていきますが、初期研修は何よりも研修医自らの積極的な取り組みが肝心です。
研修医自らが積極性を示し、日頃から指導の下とはいえ、何事にも主体的に取り組むような貪欲さが必要です。

名古屋中心部の好立地な名城病院で有意義な初期研修に取り組み、将来にわたって名城病院を共に支えていってくれるような、やる気のある研修医を望みます。
診療教育管理部長
水谷 太郎

研修医・専門修練医募集のご案内

当院への就職を希望される方はもちろん、当院に興味をお持ちの方は病院見学会へお越しください。
TOPへ戻る