本文へ移動

地域医療連携について

病診連携とは

病診連携とは地域の診療所と病院が相互に連携を密にして、それぞれが役割、機能を分担しあいながら地域のみなさま方に対し効率的で効果的な医療を提供していこうというものです。

日本医師会は「かかりつけ医」を提唱しております。「かかりつけ医」とは、家庭医ともいわれ、日頃から患者さんやご家族の健康、病気に対して相談に応じてくれる身近な開業医の先生のことです。なにか身体の異常が生じた場合にまず、かかりつけ医に相談して、必要があればその医師から病院へ紹介してもらい検査、治療を依頼することにより、患者さんが直接病院を受診するよりも病院側としても多くの情報が得られ、効率よく医療を行うことが出来ます。

ご紹介をいただいた病院の医師は、診察結果や治療方針、治療経過などにつきまして、紹介元のかかりつけ医に適宜ご報告しています。そして軽快・治癒等の段階において、今度は逆に病院から、かかりつけ医に、病院での治療経過の報告とともに、今後の治療等が委ねられます。(逆紹介)

このように病院とかかりつけ医等が連携し、患者さんの治療を行うことを「病診連携」といいます。かかりつけ医等の先生方からの紹介状をお持ちいただければ、病院の医師は患者さんの状態を的確に把握し、重複した検査等は省略することができ、患者さんに必要な診療や説明に時間を費やすことができます。

なおかかりつけ医への紹介をご希望される方は、病院から紹介状をお出し致しますので、主治医等にお気軽にお申し付けください。またかかりつけ医の先生を持ちたいけれど、どの先生が良いのかわからないという方には、当院の医師及び病診連携部よりご紹介させていただきますので、どうぞお気軽にご相談ください。

当院の病診連携システム、体制について

当院では、平成3年10月より名古屋市医師会の病診連携システムに参加し、147名の登録医による病診連携システムを開始しました。現在では、約570名(医科:520名、歯科:50名)の登録医の先生方と連携しております。病診連携部は部長1名、室長1名、看護師2名、事務員3名の計7名で業務を担当しており、「事前(診察・検査)申込書」にて登録医の先生方からの診察や検査の予約等を受け付けております。

地域の医療機関のみなさまへ

当院では、より良い医療を安全に提供できるよう、また地域のみなさまが必要な時に適切な治療や相談が受けられるように、診察、検査の受け入れ等を行っています。

受付時間

平日
午前8時30分~午後7時00分まで
病診連携部(直通)TEL:052-201-5333 FAX:052-201-5318

診察予約

「事前(診察・検査)申込書」をFAX(052-201-5318)にて送信ください。
予約日時を調整し、「受診日時のお知らせ」をFAXにて返信しますので、患者さんへお渡しください。(歯科口腔外科に限り、直接患者さんと予約日を調整させていただきます)

一般外来

消化器内科、呼吸器内科、腎・糖尿病内科、神経内科(水曜日のみ)、循環器内科、小児科・小児循環器科、外科、整形外科、脳神経外科、胸部心臓血管外科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、眼科、歯科口腔外科

専門外来(診療時間)

外来名
診療曜日・時間
不整脈外来
月曜日 14:00~16:00
肝臓外来
火曜日 14:00~16:00
糖尿外来
水曜日 14:00~16:00
カプセル内視鏡外来
木曜日 15:00~16:00
動脈硬化外来
金曜日 14:00~15:00
喘息・COPD外来
金曜日 14:00~15:30

内視鏡検査予約

検査項目
検査実施曜日
上部消化管 内視鏡検査
月・火・水・木・金曜日
大腸 内視鏡検査
月・火・水・金曜日
胃瘻 カテーテル交換
火・水曜日
「事前(診察・検査)申込書」をFAX(052-201-5318)にて送信ください。
予約日時を調整し「受診日時のお知らせ」をFAXにて返信しますので、患者さんへお渡しください。

放射線検査予約

検査項目
1
CT検査(単純)
2
CT検査(造影)
3
MRI検査(単純)
4
3D(心臓)CT検査
5
RI検査(ラジオアイソトープ)
予約受付時間
検査項目
ご連絡先
平日 8:30~17:15
1~5まで全ての検査の予約
電話052-201-5311(代)
放射線受付:内線5110

までお電話ください
平日 17:15~19:00
1~3の検査の予約受付可能
電話052-201-5333
までお電話ください
電話にて予約をお取りいたします。下記までご連絡をください。
「放射線検査を受けられる患者さまへ」、「検査申込書・同意書(MRI/高速CT)」に検査予約日および必要事項をご記入いただき、患者さまへお渡しください。
「検査申込書・同意書(MRI/高速CT)」については、検査当日にお持ちいただくよう、患者さまにお伝えください。

退院支援

入院患者さんが退院後も住み慣れた自宅で安心して生活が送れるよう、入院直後からアセスメントを行い、退院支援を行っています。病状が安定して退院後も治療や処置、介護が必要となる患者さんのニーズに応じて、地域のかかりつけ医療機関、ケアマネジャー、訪問看護師など地域の他職種の方々とカンファレンスで連携を行い、地域のサービスや社会資源の調整を行っています。
TOPへ戻る