専門修練医 研修プログラム

ホーム 専門修練医 研修プログラム

専門修練医 研修プログラム概要

2年間の初期臨床研修を修了した者が、プライマリケアの知識・技能・態度を継続して習得することと、希望専攻科での専門性を高めるための臨床研修を行い、地域と社会の要請に応え得る医師を育成する。

募集

当院で2年間の初期研修を修了する見込みのもの、および他施設で2年間の初期研修を修了する見込みのものを公募する。
募集診療科は消化器内科、呼吸器内科、循環器内科、小児科、外科、婦人科、脳神経外科、心臓血管外科、放射線診断科で、その年度に科あたり1名までの後期研修指導体制のとれる科とし、これを前年のホームページ上で公開する。
9月~11月の間に募集し、書類審査と採用面接ののち採否を決定する。

期間

原則として3年間(放射線診断科は当院で1年間その後大学等)とする。

後期研修修了後進路

(1)大学医局入局者

後期研修修了時点で大学院進学や医局の斡旋による他施設への転勤などとなる。進路決定まで暫定的に当院で専門医修練医に準じて修練を継続する場合もある。

(2)大学医局非入局者

原則として後期研修修了後の採用は無い。他施設への就職を相談することとなる。 ただし、当院診療科の医師必要性にもとづき当該科部長からの要請がある場合については、修練達成度の高いものについては個別に採用することがある。

国内留学制度

共済組合連合会の連合会留学制度があり、受入病院への留学が可能である。
詳しくはこちらを参照ください。

各科カリキュラム

1.内科系(消化器内科、呼吸器内科、腎・糖尿病内科、循環器内科)

(1)ローテーション

1年目:内科系4科を各3ヶ月ずつローテートすることを通じ、内科医としての経験を重ねるとともに、技量の向上をはかる。
患者ー医師関係においては、より自立的、主体的立場に立った診療経験を積む。
各専門科以外の他領域、一般内科についてもその中で研修する。
救急外来は月3回をメドに経験し、プライマリケアの深化をはかるだけでなく、初期研修医の指導を通じ、自らの能力を高める。
2年目および3年目:希望専攻科に所属し、専門医としての基礎をつくる。

(2)専門科医局への所属

希望専攻科が決定されれば、1年目から大学の専門科医局への所属が推奨される。

(3)学会認定医

1年目を修了した後、内科認定医の取得を目指す。

(4)達成目標

2年目以降の達成目標、経験症例目標数は各専門科において策定する。

2.小児科

(1)所属

1年目より小児科に所属し、小児科領域のプライマリケア、専門医を目指した後期研修を行う。

(2)専門科医局への所属

大学の小児科医局への所属が推奨される。

(3)達成目標

達成目標、指導体制等は小児科後期研修プログラムによる。

3.外科系(麻酔科、外科、心臓血管外科、脳神経外科)

(1)所属

1年目より各専門科に所属し、専門科領域のプライマリケア、専門医を目指した後期研修を行う。

(2)専門科医局への所属

大学の専門科医局への所属が推奨される。

(3)達成目標

達成目標、指導体制等は各外科後期研修プログラムによる。

4.婦人科

(1)所属

1年目より各専門科に所属し、専門科領域のプライマリケア、専門医を目指した後期研修を行う。

(2)専門科医局への所属

大学の専門科医局への所属が推奨される。

(3)達成目標

達成目標、指導体制等は婦人科後期研修プログラムによる。

5.放射線診断科

放射線診断科カリキュラムにのっとり1年間研修し、その後、専門医取得のため、大学医局に属し、専門医取得までの修練に備えることが望ましい。

6.整形外科、泌尿器科、眼科、皮膚科等

当院での後期研修は行わない。これらの科の専攻を希望するものには、各関連医局と協議の上、他施設を斡旋する。

研修医・専門修練医募集のご案内

当院への就職を希望される方はもちろん、当院に興味をお持ちの方は
病院見学会へお越しください。

  • 研修医 病院見学お申し込み
  • 専門修練医 応募お申し込み